元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

もうすぐ出校日

 もうすぐ夏休みが終わります。学校から解放されて、とても気が楽でした。また、不登校に向き合う日々が来ると思うと気が重いです。

 夏休みの宿題は、あと日誌が数ページと漢字プリント。本当は、もう少し計算カードを取り組んで欲しいところでしたが、諦めました。

 出校日。みんな久しぶりだから教室入りやすいと思うよと伝えましたが『もう少し慣れてからじゃダメかな、その話はあまりしたくない。』だそうです。しばらくは別室登校となりそうです。

 コンプリメント、アクティブリスニング、アイメッセージ…取り入れてから、私がイライラすることがめっきり減りました。何をそんなに私はイライラしてたんだろう、娘たちに求め過ぎてたな、と感じています。

 が、さすがに、夏休み娘たちと四六時中いっしょとなると、イライラする場面が、何回かありました。

 私が感情的になると、娘たちも不安定になるし、こちらが注意してることは娘たちに響いてないと感じます。

 感情的にならない、否定的な言葉を使わない、いま頑張っていることです。