元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

HSP/同調圧力にゾッとする

 最近の次女は、たまに休みながら2時間の登校を1カ月続けています。

 もう1時間行けたかもと言う日もあり、そろそろ3時間に挑戦するようです。

 

 毎日、送迎をしているので支援級だけでなく通常級の様子を垣間見ることがあります。

 先日、野外活動のスタンツ練習の終わりに遭遇しました。

 係の子が『楽しかったですか?』と聞きクラス全員が声を揃えて『はい、楽しかったです』と答えてました。

 これを聞いた瞬間、なんとも言えない気持ち悪さを感じました。

 クラス35人以上が揃いに揃って楽しいって本当!?

 面倒臭いなとか恥ずかしいとか、苦手だなって思ってる子いるんじゃないかな。

 YESかNOを問う質問でNOって言ったら周りからの視線いたいよね。

 子供たちの返事に感情はないし、本当に感情を問いてるわけでもない定型的な挨拶。

 NOと言えない雰囲気、NOと言う気持ちに寄り添う余裕がないのなら、こんな時は感情のYES/NOを問う質問でなく『お疲れさまでした』でいいんじゃないかと思いました。

 

 日本人は自分の意見を言うのが苦手だからと、学校ではグループでのディスカッションの時間を増やしてるようだけど…

 NOと言えない雰囲気、ネガティブな感情をすくいあげない環境では、意見を言うことをどんどん諦めてしまいます。

 まずはNOを言える雰囲気作り、ネガティブな感情をも肯定し寄り添う、そうするとどんな意見を言っても大丈夫、受け入れてくれると安心して、意見が活発に出るようになるんじゃないかな。

 たかが授業のちょっとした挨拶かもしれないけど、この積み重ねが同調圧力を増長させてるのではと思った瞬間でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

不登校 卒業式

 入学式も終わったのに長女の卒業式ネタです💦💦

 長女には申し訳ないのですが、長女の卒業に純粋に想いを寄せることはできず…

 2年後の次女の卒業の日をどのように迎えるのだろうかと考えていました。

 やっぱり学校はムリと再度の不登校になっているのか、支援級には通えているのか…

 担任に名前を呼ばれて返事して壇上で卒業証書もらえるかな、お別れの言葉言えるのかな、卒業式の服は何を選ぶかな…いちいち長女に次女を重ねていました。

 また、PTAの役は地区ごと輪番制で、次女の卒業の年は会長の当たり年。子供が出席できない卒業式に来賓として出席なんて拷問だよな、なんとか回避しなければとか…

 そもそも人数の集まる式典は無理かな、支援級の教室でやってくれるなら、それはそれで良いなとか…

 式典に出席できたら、まわりがひくぐらい号泣するなとか…

 という感じで2年後どうなっているのか分からないのに、頭の中グルグルしてました。

 

 この日一番、涙腺がやられた瞬間は…支援級の子が式典は出席できなかったけど、式終了後の花道を他の児童や先生方と歩いているのを見た時でした。

 ほんと長女には申し訳ない…

 この子やご両親がどういう気持ちで卒業という日を迎えたかは分かりませんが、感覚過敏なのか長袖が着られないようで、普段の服で、正装しているみんなと一緒に花道を歩く…頑張ったねってムチャクチャ褒めてあげたくなりました。

 

 同じ卒業でも、もやもや、ザワザワだったり、学校から離れることができて清々しい気持ちになる親子もいるかもしれないし、卒業という区切りに誰と比べることもなく成長を見届けたりと、三者三様の想いがあるなと実感しました。

 次女のことがなければ、そんなことには気付くこともなかったと思います。

 2年後、穏やかな気持ちで次女の成長を、区切りを見届けたいので、やっぱりPTA役員は回避したい…

 

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

天パも個性

 3学期が始まって1ヶ月半、休み明けは登校できませんでした。

 3週間程前から教室の先生に挨拶できるようになり、ぼちぼち活動できるようになってきました。

 まだまだエネルギーは貯まりきっていませんが、あと少しで春休みということもあって、頑張れているような感じです。

 

 今日は私の天然パーマの話です。

 私の天パ、かなり細かくて直径1センチの円を描くほどです。

 濡れていれば良い感じのパーマヘアですがスタイリングせず乾かすとチリチリ、ボサボサ…

 天パはホルモンバランスに関係するようで、小学校の低学年頃から出現し始め、まぁ、からかわれましたね。

 縮毛矯正は中学生からかけ始めました。1回5時間2万円程を年に3,4回、たまにお休み期間もありましたが20年ほどかけ続けました。

 5年ぐらい前から脱縮毛矯正していますが、スタイリングの方法が分からず、まとめ髪ばかりで飽き飽きしていました。

 そんなところにYouTubeでカーリーガールメソッドを見つけ年末からゆる〜く始めました。

 カーリーガールメソッドは天パの傷みやすい髪を健康的にして、カールを引き出し活かすためのヘアケア、スタイリング方法です。

 おかげで何年かぶりにダウンスタイルを楽しんでます。

 

 ウェービーヘアも含めると日本人の7割が天パだそうです。

 なのに…流行もあるのでしょうが、ストレートヘアの方が多いこと多いこと。

 日本は黒髪ストレート=清楚、優等生、真面目みたいな固定概念?文化がありますよね。

 私もそう思っていて新卒入社時は縮毛矯正かけて挑むはずが、バタバタしてかけられず、天パ全開で挑んだところ、すごいのが入社してきたと噂されました…

 最近も小学校の先生にワイルドになったと言われる始末…

 同じ生まれ持った髪にも関わらず、ストレートヘアとカーリーヘアだと与える印象がかなり違いますよね、日本だと。

 カーリーヘアはプラスアルファというか…ウェービーヘアよりもさらにチャラい感じというか…

 天パの私からするとストレートがプラスアルファで、カーリーヘアがスタンダードなんですけど…

 

 私はかなり校則の緩い高校だったので、みんないろんな髪型、髪色にしていましたが、多くの高校はパーマもカラーもNGですよね、きっと。

 私が天パ全開でそんな学校に行ってたら地毛証明書とかが必要になるのかな。逆に縮毛矯正してストレートで行ったら何も言われないんじゃないかな。

 パーマはNGで縮毛矯正はOKってどういう基準?地毛にプラスアルファしてるのはどちらも一緒なのに…なんて屁理屈めいたことも思ってしまいます。

 パーマは学校の風紀的によろしくないんでしょうが、ウェービー、カーリーヘアにしたところで、勉強する子はするし、しない子はしない…

 

 欧米ではウェーブ、カールを活かすためのヘアケア剤やスタイリング剤が多く販売されていて、美容院でもウェービー、カーリーヘアのメニューがあるそうです。

 日本では逆にクセを抑えようという商品ばかり、美容院では縮毛矯正だったりロングヘアを勧められたり…

 絶対数の違いもありますが…同じ天パなのに活かすか抑えるか、別々の方向に進んだ欧米と日本のそれぞれの文化というか、国民性というか…

 個性を抑える考え方は寂しいし、否定されているように感じます。

 天パの人は自分の髪にコンプレックスを持っている人が多いのですが、誰もが自分の髪を好きになって、ストレート、ウェービー、カーリーヘアを自由に選択し楽しめたら、そして髪のことで苦しむ子が少なくなると良いなと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

HSP/HSC 気象病?

 交流級で頑張った次女は、まだまだまだ充電中です…

 家で元気に過ごせるならまだ良いのですが、気象病なのか頭痛やら気持ち悪いと体調不良を訴えることが多くなり、1日ベッドの上で過ごすこともありました。

『頭痛〜る』というアプリで天気頭痛予報を確認すると、やはり体調不良の日は頭痛が出やすい日でした。

 ストレスで自律神経が乱れ、気圧に影響されやすくなる→運動で体力つけたり食事を見直したいけど、寝込む日が多く運動できない、好き嫌いが多く食べられるものが少ないから食事の改善は見込めない→ますます自律神経が乱れる

 負のスパイラルに陥ってるような気がしてます…

 とりあえず自律神経を整えるストレッチと耳マッサージをしてみたところ、効果覿面、要注意日も体調不良にならず元気に過ごすことができました。

 頭痛〜るでの『要注意日』を伝えることは、余計に不安になって体調不良になるのではと心配もありましたが、ストレッチやマッサージなどの安心材料もセットにすれば大丈夫なんじゃないかと…こちらにかけてみたところ、よく眠れるし、雨の日も元気に過ごせて…

 そんなに即効性ある?病は気から?と思ってしまいました…

 ホントに繊細というか…HSCは外的要因、内的要因に関わらず少しのことでも体調に現れやすいのかなという印象です。

 あとHSCは自分なりの安心材料、心身のリフレッシュ方法、身体を労わる術などをいっぱい準備しておくことが心身の安定に繋がるのかなとも思いました。

 とりあえず、しばらくストレッチと耳マッサージを続けていきます。

 

 なかなか登校できない次女ですが、冬休み前には少し登校したい、給食のクリスマスメニューを食べたいという意志はあるようです。

 次にエネルギー切れになった時、完全に休んでエネルギー充填するのが良いか、朝の会だけでも行ってあとは家で過ごしてエネルギー充填するのどっちが良いか聞いてみました。

 返事は朝の会に行くでした。

 やっぱり完全に休んで立ち止まってしまうと、次に動き出したいと思っても、かなりのエネルギーを要するみたいです。

 次女の場合、どんなにゆっくりでも歩みを止めない方がいいのかな。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

五月雨登校 まだまだ充電中

 交流級での活動に疲れきった次女は、まだまだ充電中です。

 朝は起きれるけど、学校にいく時間になると吐き気がしたり、頭痛がすると訴えます。

 仕方ないねとお休みしても、私が勉強はするよと言うのがダメなのか動けません。

 だからといって部屋にこもりっきりはどうなの!?太陽の光を浴びよう!!と思って、体育と称し、近くの公園や山の中の公園、自転車で海辺の公園に連れ出し、バドミントンやアスレチックで身体を動かすようにしました。

 一旦、外に出て身体を動かすと吐き気も頭痛もおさまり笑顔が戻ります。

 多分、1週間毎日、1〜3時間ぐらい外に出ていたかも。

 そんな日々を過ごしたのは初めてかもです。

 次女の寝付きはとても良いし、私も毎晩ぐっすりです。

 普通級と同じペースで勉強したいという本人の気持ちもあり、勉強勉強と言っていましたが、今はその時期ではないのかな。

 食べて、太陽の下で動いて、寝る、あと笑顔😊これがエネルギー充電に一番効くのかなと思うようになりました。

 

 今日も学校お休みで、いつまでも暗い顔をしていたので、イラッとしてしまいキツく当たってしまいました。

 お互い気持ちを切り替えようと近くの公園に行き、次女が話してくれました。

 休み始めて再登校のきっかけがなくなったこと、学校で暇な時間ができると帰りたくなることを教えてくれました。

 次女の場合ですが、エネルギー切れしても、先生に朝あいさつだけでも行ったり、学校、教室、先生と繋がり続けた方が良いと感じました。

 1学期も2学期も朝の会から徐々に時間を延ばすことができたので、今後は完全に休ませるのは2,3日にして、あとは少しでいいからと連れていこうと思います。

 次女は処理速度が遅いはずですが、支援級だと学年の違いと集中力の違いからか、同じ活動をしていてもすぐに終わってしまい、手持ち無沙汰になっていろいろと思考を巡らせてしまうようです。

 この点は、先生と相談して解決できたらと思います。

 

 マイクラまであと8日だったのですが、冬休みまでには復活できそうもなく、あきらめモードになってしまいました。

 学校行ったら、案外、大丈夫だったってならないかな…

 早く一緒にマイクラやりたかったんですが…人参ぶら下がってても、エネルギー切れの時は効果が発揮されないですね。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

五月雨登校 エネルギー切れ

 交流級での活動に立て続けに参加した次女、今週はほとんど登校できませんでした。

 朝の会に2日顔を出しただけで、あとは片頭痛で寝込んでいました。

 参加すると本人が決断し、参加した経験、参加できたという自信は、長い目で見れば良い方向に作用するとは思うけど…

 こんなに疲れてしまうなら、もう交流いかなくても良いよと言いたくなる、でもやっぱり本人の意思は尊重したいから、やめたらとは言えない…

 今後の進路のことを考えると、以前は普通級に戻れたらと思ってましたが、無理して戻る必要はないと最近、思えるようになってきました。

 でも、本人は嫌だけど普通級に戻りたいと思っているよう…

 無理のないペースで無理のない範囲で、頑張りすぎないで進んでいって欲しいです。

 

 昔から天気の悪い日に片頭痛が出る次女。

 不登校前は2,3ヶ月に1回ぐらいのペース。 別室、放課後登校中はほとんどなし。最近はよく出ます。

 ストレスや疲れに左右されてることが、よくわかります。

 うまく付き合っていくしかないんだけど…

 雨ダルさんのための体操?があると長女が教えてくれたので、私も雨ダルさんだし毎日の生活に取り入れていこうかな。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

HSC 親の不安は子にうつる

 先日、長女が修学旅行に行きました。

 面白がって冗談半分で『大丈夫?大丈夫??ママいなくて大丈夫???』などと言っていたら、笑って『大丈夫だからうるさい』と。

 その後『あれ持った?これ入れた??』と心配になって真顔で聞いたら『ママが聞くから不安になってきたよ。私の心配性はママの遺伝だね』と言われてしまいました…

 荷物(何を持ってくか)の確認は一緒にしましたが、最終的に荷物を詰めるのは長女に任せていて、こんなことなら詰めるところまで一緒にすれば良かったと後悔しました。

 親の不安は子にうつることを、はっきり子に言われ、またそれを実感しました…

 手や目をかけるべきところは、しっかり見極めてかける、あとはドンと構える姿勢が大事なのかな。特に対HSCにはと思います。

 修学旅行自体は何事もなく楽しめたようで、親としても嬉しい限りです。

 

 長女は修学旅行を楽しみにしていたので、何とかコロナがおさまって行けるといいなと思い…

 来年の次女の野外活動。今から嫌だなと言ってるのを聞いて、コロナで中止になってもいいなと思う…

 何とも身勝手な親です。

 

 最近の次女は…『4時間の登校を1ヶ月続けたらマイクラのソフトね』と勝手に目標立てて登校を頑張ってます。

 交流級での活動が立て続けにあり、意欲的に参加しているものの、かなり疲れてます。

 失速せず冬休みに入れば、良い流れで3学期を迎えられるのでは…なんて期待してますが、どうなることやら。

 アクセル全開で突っ走ると1学期のように失速してしまうので、走り続けられるちょうど良いアクセルの加減を見つけて進んで欲しいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村