元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

何事も経験

 基本的にコンプリメントトレーニングでは外出禁止です。親子関係が良くなり、ある程度、教室への意思が出て来たからか分かりませんが『外出をして色々な経験をさせましょう』と外出OKになりました。

 

 とは言え、意味、意義のある外出にしなければなりません。今日は『市』がたつ日だったので、これは使えると出かけました。

 

 お小遣いを持たせ『お小遣いのことは任せるよ』と使い道は口出さないように、自分で買い物をさせました。

 

 最初はボール投げ。ピンポン球を投げて色の着いたお椀に入ったら当たり。1回500円。ハズレはちょっとしたお菓子。500円がこんなお菓子になるなんてもったいないなぁと思いながら口出さない口出さない…結果、ハズレ。お菓子選びも時間が結構かかるんです。これも口出さない口出さない…

 

 次に行ったのはスーパーボールすくい。カップのサイズは3種類。特大700円、大500円、中400円。

娘『ママ大って言って』

私(自分で言うのはやっぱりハードル高いか)

おじさんが娘を見て『サイズは?』

娘『特大』

私(特大?さっき大って言ってたのに…スーパーボールに700円⁉︎てか、自分で言えてる)これも口出さない口出さない。

袋いっぱいのスーパーボールに満足な娘でした。

 

 あとはおもちゃ釣りをして、一緒にベビーカステラなど色々と食べて帰ってきました。楽しかったぁと満喫できたようです。

 

 帰ってきてから

私『いきなり特大って言うからビックリしたよ』

娘『特大のがいっぱい入るし、千円持ってたし』

私『安いのにして、他の物を買おうとは思わなかった?』

娘『あ、そうか、千円取り返したい…でもいいや』

 

 何事も経験ですね。ちょっとお金のかかる経験でしたが(涙)特大のカップですくうのは気持ち良さそうだねとも言っておきました。

 

 お小遣いの使い道は口出さないようにしてましたが、あんな店がある、こんな店がある、あれは食べない?とか色々、言っちゃってました。もう少し黙って、もっと娘の話を引き出すような声かけをした方が良かったなぁと反省です。