元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

教室チャレンジ

 冬休み前に少しですが、教室に入ることができました。

 12月に入ってから休まず連続で行った方が行きやすいと、別室登校を頑張っていました。給食チャレンジをした後、18日に教室チャレンジをする予定でした。

 給食チャレンジの日、別室で給食を食べたあと、 押しの強い先生に押されるがまま、教室に入り1時間過ごしました。その日以降、教室には入れないものの、別室から出て教室を覗きに毎時間のように足を運び、1週間娘なりに教室に向き合いました。

 この1週間で教室に入れたのは、3時間ぐらいかと思います。

 7ヶ月前は、親と先生に手を引かれ教室イヤと泣いていた同じ廊下に、自分の意志で教室入ろうと立てたことは、本当に大きな1歩です。

 疲れがたまると片頭痛が出る娘、教室チャレンジ3日目あたりから、午後に片頭痛も出てきましたが、休むことなく毎日教室チャレンジを続けました。本当にこの2週間頑張りました。無理しないで良いよと言いたくなったのですが、本人の意志に任せました。

 冬休みで、一旦、小休止できるのは良いのですが、また学校イヤとなったらという不安が少なからずあります。そうならないようにするのは、やはりコンプリメントかなぁと思うこの頃です。

 コンプリメントで、これほど、学校に対する意志が育つとは思っておらずビックリしてます。