元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

別室登校

 始業式から別室登校を2〜3時間、休まず続けています。付き添いを少しずつやめていきたいと思っていましたが、先生も忙しく、なかなか顔を出せない状況なので、ずっと付き添っています。

 この暑い中、運動会の練習をしていて、見ていて心配になります。子供達、本当に頑張っています。夏休み明け、始業式翌日から、全開で運動会練習。子供達の心身への負担が大きいだろうなと感じます。もう少しスロースタートできないのか、運動会の時期をずらすことはできないのか、と思ってしまいます。熱中症のリスクが大きいこの時期に運動会をする意義はあるのかと疑問に感じながら、別室から運動場を眺める日々です。

 次女は、みんながダンスの練習をしている体育館に見学に行ったり、全校競技の練習に参加することができました。

 本当にスモールステップで、いつ教室にたどり着けるのかとやきもきしますが、前進していると、いつかは教室に入れると信じて付き添っていくしかないです…