元不登校 母娘の日々

小学校低学年で不登校だった母と、小2不登校→別室登校→放課後登校、小4支援学級で復学?した次女の記録

挑戦

 登校刺激をどのようにしていいのか迷っていましたが、先月ダメ元で『7月に学校挑戦してみない?すぐ夏休みに入るし、懇談会で半日授業も多いし』と話したところ、『行けるかどうか分からないけど挑戦してみる』と返ってきました。

 このまま夏休みに入るのかと思っていたので、意外な返事にビックリしました。ここで少しでも登校できたら良いイメージで夏休みに入ることができるので、何とか登校してもらいたいと思っています。

 が、焦りは禁物。いきなり1日は無理だろうし、母子登校になるかもしれない。保健室でもOK。スモールステップでいかないと、と期待してしまう自分に言い聞かせています。

 何時間目から登校するか、母子登校か…いろいろ話したいとこですが、次女は、まだ先のことだからと話したがりません。次女のペースを尊重しつつ『行けたらスッキリ夏休み迎えられるね』と言うような声かけをしてます。